登録商標を調べる方法(入門編)

調べたい商標が明確である場合、その商標に関する詳細情報を取得することなら専門知識がなくても簡単にできます。この記事では、このような商標検索を行う方法についてご説明します。

目次

注意事項
簡易検索
称呼検索

特許情報プラットホーム

特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)を使用すれば、出願中の商標(出願商標)や登録されている商標(登録商標)に関する詳細情報を無料で確認することができます。

J-PlatPatは、インターネット上で利用できる特許・実用新案・意匠・商標のデータベースであり、独立行政法人「工業所有権情報・研修館」が運営しています。この独立行政法人は、特許庁の外郭団体ですから、J-PlatPatは、実質的には特許庁が提供しているデータベースであるといえます。潤沢な特許特別会計を財源としており、正確な情報が迅速に公開され、無料で利用できるのですから、日本国民の共有財産として有効活用しましょう。

次のURLにアクセスすれば、簡易検索のトップ画面が現れます。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

jplatpat-top

J-PlatPatでは、簡易検索、番号検索、称呼検索、図形検索などを行うことができます。
また、類似群コードを用いた検索も行うことができます。

有料の商用データベースと比べたときの一番大きな違いは、消滅した商標権や拒絶が確定した出願の情報がデータベースから消され、残っていないことくらいです。従って、現時点で有効な情報を調べる場合には、有料のデータベースと比べても遜色はありません。

注意事項

この記事を読めば、商標の検索方法がわかるようになります。その結果、調べたい商標が明確であれば、その商標の詳細情報を知るができるようになります。ただし、専門家に依頼しなくても、自分で商標調査ができるようになるわけではないということに注意して下さい。

商標登録出願の依頼者の中には、商標調査は自分で行ったので商標調査は必要ないと言われる方がいます。しかし、我々が調査してみれば、類似する商標がすぐに見つかるということはよくあることです。

他人の登録商標の有無を判断する場合や、他人の商標権侵害に当たるか否かを判断する場合には、類似する商標まで調査する必要がありますが、商標の類否を判断するには、高度な専門知識が必要であり、もちろん機械では判断できません。

例えば、チョコレートについての商標「ABCチョコレート」と商標「ABC」は類似する関係にあります。このため、既に「ABC」が登録されていれば、「ABCチョコレート」は登録できません。また、「ABCチョコレート」を使用すれば、他人の商標「ABC」に関する権利を侵害することになる可能性があります。

つまり、「ABCチョコレート」を検索して検索結果が0件だから、「ABCチョコレート」は商標登録できると勘違いしたり、「ABCチョコレート」を使用しても他人の商標権侵害に当たらないと勘違いしてはいけないのです。

調べたい商標が明確である場合に、その商標の詳細情報を知ることができるようになる、それがこの記事の目的です。

もし専門家が行うような商標調査を自分で行いたいという方は、特許事務所に就職して、最低でも1年くらいは専門的な訓練を受ける必要があります。

簡易検索

簡易検索は、詳しいことは何もわからなくても使える一番簡単な検索方法です。
キーワードとして指定できるのは次の3つのいずれかです。

  • 商標(文字列のみ)
  • 称呼(商標の読み方)
  • 出願人名、権利者名

商標がアルファベットの場合、半角/全角、大文字/小文字のどれで指定してもOK。
称呼はカタカナで表記します。半角/全角のどちらで指定してもOK。
権利者が法人の場合、「株式会社」等の法人格も省略せずに指定する必要があります。

簡易検索の使い方

まず、デフォルトは「特許・実用新案を探す」になっているので、「商標を探す」に変更します。

easy-1

次に、調べたい商標を文字で指定して「検索」ボタンをします。
ここでは「コカコーラ」について調べてみることにします。

easy-2

70件がヒットしました。
「一覧表示」ボタンを押せば、全ての商標が一覧表示されます。

easy-3

登録番号(登録XXXXXXX)が表示されていれば登録商標、
出願番号(商願20XX-XXXXXX)が表示されていれば出願中の商標です。
これらの番号をクリックすれば、さらに詳しい情報が表示されます。

ここでは、商標「コカコーラ」だけでなく、「コカコーラ」と称呼される商標「CocaCola」や商標「Coca-Cola」もヒットしています。商標には称呼が関連付けられており、これらの称呼とのマッチングも行われているからです。

さらに「スカッと さわやか コカ・コ-ラ」や「コカ・コ-ラライト」などの商標もヒットしています。比較的長い商標の場合、省略して短く読まれるときの称呼も関連付けられており、これらの商標にも「コカコーラ」という称呼が関連付けられているからです。

なかなかの優れものです。

一覧表示の中の「登録106633」をクリックすると、次の画面が表示されます。登録番号106633号の商標「Coca-Cola」は、清涼飲料と果実飲料を指定して大正8年に登録され、商標権者は「ゼ コカ コーラ カムパニー」であることが分かります。

easy-3-2

簡易検索で十分なのか

次に「CocaCola」についても調べてみることにします。
easy-4

意外(?)にも3件しかヒットしません。
一覧表示して確認してみればこんな感じです。

easy-5

商標「CocaCola」だけがヒットしており、商標「コカコーラ」や商標「コカ・コーラ」はヒットしておらず、商標「Coca-Cola」さえもヒットしていませんでした。

次に、「こかこーら」についても調べてみることにします。

easy-6

またしても1件しかヒットしません。
一覧表示して確認してみれば、ヒットしたのは商標「こかこーら」のみでした。

easy-7

つまり、キーワードがカタカナ表記でなければ、称呼による検索が行われず、文字列が一致している商標しか抽出されません。従って、称呼で検索しないと多くの商標が検索結果から漏れてしまうということがお分かりいただけると思います。

ただし、称呼で検索したとしても、簡易検索の場合、完全一致する称呼が対応付けられている商標だけがヒットし、僅かでも音が異なる商標はヒットしません。例えば、同じ会社が商標「古加琥羅」も登録していますが、この商標には「コカコラ」の称呼しか割り当てられていないため、「コカコーラ」で検索してもヒットしません。

この辺が「簡易検索」の限界です。
「称呼検索」を利用すれば、「古加琥羅」のような類似するかもしれない称呼を有する商標もヒットさせることができます。

記事のトップ画像 photo credit: 0032 IP via photopin (license)